20150531061658sdfsd.jpg
5月30日に東京の小笠原諸島で発生したマグニチュード8.5の巨大地震が、観測史上最大の深発地震であることが分かりました。マグニチュード8.5という値は世界中の観測記録の中で最大となり、先日の地震が世界的に見ても非常に珍しいタイプだったと言えるでしょう。

深発地震とは震源の深さが100キロ以下の深い場所で発生する地震のことで、今までは2013年5月にロシアで発生したマグニチュード8.3が最大でした。
また、日本国内でも通常の地震を含めて、地震の規模が東日本大震災に次ぐ観測史上2位の規模となっています。深発地震では世界1位で、通常地震でも日本2位という歴史的な大地震となりました。
深い地震のメカニズムは不明な点が多く、今後も周囲の地殻変動に大きな影響を与える可能性が高いです。



☆専門家「この地域では最大クラスの地震か」
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150530/k10010097491000.html

引用: 
5月30日 21時21分
地震のメカニズムに詳しい東京大学の阿部勝征名誉教授は「今回の地震はフィリピン海プレートに沈み込む太平洋プレートの先端で起きたとみられる。地震の揺れがプレートに沿って伝わったため、あまり弱まらずに震源から離れた関東で震度が大きくなった。このエリアでは、時折地下深くを震源とするマグニチュード6クラスの地震が起きることはあるが、マグニチュード8クラスだとすると、観測が始まって以来の最大クラスの地震だ。ただ非常に深い場所で起きているので、過去の観測結果から、余震は起こりにくいと考えられる」と話しています。
:引用終了

☆平成27年5月30日20時24分頃の小笠原諸島西方沖の地震について
URL http://www.jma.go.jp/jma/press/1505/30b/201505302230.html

引用:
地震の概要
発生日時 5月30日20時24分頃
マグニチュード 8.5(速報値)
場所および深さ 小笠原諸島西方沖、深さ約590km(速報値)
発震機構等 東西方向に張力軸を持つ型 (速報)
震度 【最大震度5強】東京都小笠原村(おがさわらむら)、神奈川県二宮町(にのみやまち)で震度5強、埼玉県鴻巣市(こうのすし)、春日部市(かすかべし)、宮代町(みやしろまち)で震度5弱を観測したほか、関東地方を中心に、全国で震度4~1を観測しました。
20150531061106pa@os1.jpg
20150531061115s@dfp2.jpg
20150531061134spodf@3.jpg
20150531061225sdf6.jpg
:引用終了

☆小笠原でM8・5巨大地震 神奈川など震度5強


☆東日本大震災に次ぐ規模、M8.5観測 気象庁会見(15/05/31)


☆全国すべての都道府県で震度1以上の揺れ(15/05/31)


関連過去記事

☆【巨大地震】5月24日に発生したサハリン巨大地震は観測史上最大の深発地震だった!東京やモスクワ、ドバイで揺れを観測
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-278.html