20150531174845sd@pf.jpg
東京駅のコインロッカーから女性の遺体が発見されて、周囲が大騒ぎになるという事件が起きました。遺体が発見されたのは31日午前9時頃で、保管期限が切れたロッカーを管理会社が調査中に遺体が出て来たと報じられています。

問題のロッカーには警察と報道陣が殺到して、周囲が一時騒然となりました。スーツケースの大きさは縦約70センチ、横約50センチ、幅約25センチです。警察は死体遺棄事件として、遺体の詳しい状況などを調査しています。



☆東京駅コインロッカーから女性遺体 1カ月ほど保管庫に
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00000018-asahi-soci

引用:
 丸の内署の発表では、スーツケースは縦約70センチ、横約50センチ、幅約25センチ。1カ月ほど前に、南口改札付近のコインロッカーに無施錠で入っていたため、管理会社の職員が駅構内にある一時保管庫に移していた。1カ月経ったため、31日に職員がスーツケースを開け、中を見て届けたという。
 警視庁は女性の身元やスーツケースが預けられた経緯などを調べている。
:引用終了















自分のロッカーではなくとも、付近で遺体が発見されたら嫌すぎですね・・・(^_^;)。遺体を入れた犯人が早く見つかってほしいと思います。