20150531205450wpeor@.jpg
共同通信社が5月30日と31日に行った全国電話世論調査で、安保法制(安全保障関連法案)について「説明不足」と感じている国民の比率が81.4%に達したことが分かりました。「十分に説明されている」と答えた方は僅かに14・2%だけで、国民の大多数が安保法制を巡る政府の姿勢に疑問を投げ掛ける結果になっています。

また、安倍首相が「日本のリスクが安保法制で下がる」と言及している戦争のリスクに関しても、7割近い68%の方が「自衛隊が戦争に巻き込まれるリスクが高くなる」と回答しました。これは国民の大多数が安保法制に納得していないことを示していると言え、自民党は改めて国民に法案の内容をちゃんと説明する必要があります。


☆安保法案「説明不足」81% 共同通信世論調査
URL http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015053101001519.html

引用:
 共同通信社が30、31両日に実施した全国電話世論調査によると、集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案への安倍政権の姿勢に関し「十分に説明しているとは思わない」との回答が81・4%に上った。同法案成立後、自衛隊が戦争に巻き込まれるリスクに関し「高くなる」は68・0%。安倍内閣の支持率は49・9%で、4月の前回調査に比べて2・8ポイント減った。不支持率は38・0%(前回34・9%)だった。
:引用終了

☆安倍首相“集団的自衛権行使も専守防衛”


☆7割以上"集団的自衛権"議論は不十分 ANN世論調査(14/06/30)


以下、ネットの反応
















自民党内では村上誠一郎衆議院議員だけが安保法制に反対していますが、残りの自民党議員らが何を考えているのかが気になるところです。どうにも、安倍政権になってから閣僚クラスの議員以外からは、自分の考えや意見が聞こえてこない気がします。

どの世論調査でも国民の大多数が安保法制に懸念を示しているわけで、このまま強行採決をするのは民意を無視する行為だと言えるでしょう。

関連過去記事

☆【これは酷い】安保法制の審議、岸田文雄外相が質疑で4回も回答をはぐらかす!質疑が正常に出来ないとして野党激怒!委員ら退席で審議中断!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6659.html